カテゴリ:リーサーチオブブラスター( 3 )
リサーチ オブ ブラスター #0.5 ブラスターの形状について
e0198040_233956.jpg
ここ最近記事らしいものを書いて無かったのと、各所からブラスターが出るようなので、以前からまとめていたものを、掲載したいと思います。

ブラスターの形状が色々になったのは、ヒーローバージョンの形状承認とコピーのタイミングがずれたことでテイクに差が出たこと。LEDの配線を修正していたものが違いとして出てしまったのが原因かと思います。

映画、スチール、情報を元に時系列、種類別にまとめたものと、映画での使用頻度からどのタイプが本当の意味でのヒーローバージョンであるかを検証してみました。

【制作時系列(形状)】
T1= 初期版  グリップエンド未加工
T2= 修正版  グリップエンド加工済、丸ナットが2つあり、1つにY型端子付。
T3= 撮影版1 左側に白い配線がないもの。
T4= 撮影版2 左側に白い配線があるもの。

*撮影以降に改変されたブラスターは、ここでは別物として扱います。
W= 本体中央のマイナスネジが別物にかえられ、六角ネジが紛失している。
P = ProfileIn History(PIH)でレストアされて白ケーブルとLEDが差し替えられたもの。

【クオリティ】
H1 =オリジナル 実銃改造
Cp1 =コピー   Rubber製 クリアグリップ別パーツ
Cp2 =コピー   Rubber製 ムク
*ムクのコピーのオリジナルを触られた方によると素材は、やわらかい感じだったとの事。
*PIH訪問時、ブラスターのオリジナルコピーを所有している現地の人に聞いた話ですが、そのブラスターを譲った撮影スタッフから聞いた話では、制作されたブラスターの中には、ブルドックに樹脂でコピーしたステイアーのガワなどを付けた物もあったそうです。

【使用者】
D= デッカード
P= 制服警官
H= ホールデン
B= ブライアント
G= ガフ

以下つづく~
[PR]
by macky2019 | 2014-02-16 08:00 | リーサーチオブブラスター | Comments(27)
リサーチ オブ ブラスター #0 ブラスターとは
重箱の隅をつつくようなコアな情報を発信しようとしているのですが、ふとその話の元になるブラスターの基本情報が日本語で見当たらない事に気がつきました。ここで少し話しを戻して、それらをまとめたいと思います。

映画に使われた、デッカードブラスター(通称ヒーローブラスター)は、現在判明している所では、主に2つの銃と、その他の流用部品から作られています。

ポール・M.サモン氏のメイキング・オブ・ブレードランナー(MOBR)によると、制作者はテリー・ルイス氏、実制作はメキシコ人の職人が行ったということです。

e0198040_14494243.jpg

流用箇所
緑-Charter Arms Bulldog .44 Special
赤-Steyr Model SL Rifle .222 Remington
橙-S&Wのリボルバーから
青-TG-5-Bの端子ネジ
これら以外は、ブラスターの為に作られたパーツです。。ただしまだ発見されていないだけで、流用パーツである可能性は、捨て切れません。特にトリガーガードは、推測される材質から、一点物でも制作するのは、難しい形状の為、何かしらの流用パーツではないかと疑っています。

e0198040_14532855.jpg

Bulldogの展開図
銃として幾つかバリエーションがあり、PIHで出品されたブラスターに、余った部品も添付されていかことから44Specialと判明しました。ただし同じ名前でシュラウド付のものは新しい製品です。

e0198040_1455349.jpg

Model SL Rifle .222の展開図と使用された部品
金属部品を大胆に加工して銃としても機構を完全にオミットして使用されており、おそらく素人では難しい加工がされています。

部品の内部構造等の写真は、下記のサイトで見られます。
RACprops
Peko's Gun Box

e0198040_15263926.jpg
フロントトリガーは、S&Wの38口径のリボルバーより流用されています。

e0198040_1514437.jpg

右カバーのネジは、古い通信機(TG-5-B)の端子ネジが使われています。
またTG-5-Bだけでなく、同時期の通信機にも使われていることが確認されています。
e0198040_1533599.jpg
ヒーローブラスターと端子ネジ
このネジは、本物と比較して全く同じものであることが確認できました。同じ製品で多少形状の違うように見えるものは、古い工業製品の為、バラつきによるものだと考えられます。またヒーローブラスターのネジの頭部の金色の色違いの部分は、溝や深くやすられた跡と見られていますが、実際は金色の塗料の付着でした。
e0198040_1551735.jpg
ちなみに端子ネジはこんな感じに伸縮します。
e0198040_15142047.jpg
なおワーコンでの再発見から付いていた、ウィーバーノブと呼ばれてるネジは、映画、撮影中のスチールの何れにも写っていないので、純粋な部品ではないと考えられます。

なお現在のヒーローブラスターブームの立役者といえるKarl Tate氏によるワーコンでのブラスター画像は、こちらのプロップサミットのリンクより入手可能です。
[PR]
by macky2019 | 2010-12-12 15:37 | リーサーチオブブラスター | Comments(1)
リサーチ オブ ブラスター #1 紛失した2つのネジ
M2019 BLAST-PISTOL制作者の高木さんと行ったアメリカのオークションProfile in History(PIH)でのヒーローブラスターの取材は、新しい発見が色々ありました。

スミズミまで解析した結果を撮影してきた写真と一緒に、ぼちぼち発表していきます。
高木さんの新しいブラスター(まだ製品名は決まってないとのことですので、とりあえず高木ブラVer.2と呼ばせていただきます。)は、これらの情報を取り込んでもらえるように要望しています。

紛失した2つのネジとは
e0198040_22482322.jpg
上が制作当時のブラスター、下がPIHでのブラスター
現在のブラスターは、右側のマガジンハウスを固定する六角キャップネジと、中央の化粧ビスのようなマイナスネジが紛失してしまっています。これまでの資料では、情報不足で推測しつつも、どのように本体に付いていたのかが曖昧でした。

e0198040_23104665.jpg
そこでシリンダーを展開して見ると、ブルドッグのフレームに空けられた穴が2つあります。
この部分は、よく見ると両方ともネジ穴が切ってありました。

e0198040_23244880.jpg
ブルドックの左側から見て前の穴は、フラッシュを焚いた写真を見て頂くと貫通しているのがよくわかると思います。そして裏側には、六角キャップネジの無くなった部分しか穴はありませので、六角キャップネジがブルドックフレームに付いていたといえます。

e0198040_23533459.jpg
また同様に後ろの穴は、ウィーバースコープのネジの裏側が丁度来ていますので、長さの合ったネジでは、ネジで固定されていたとみられます。
今回は簡単に触れますが、シリンダーカバーの細部にも発見があり、ブルドックのフレームの穴の裏側にあたる部分に円状の切削があり、単純にフラットではない事がわかります。

e0198040_06588.jpg
なおウィーバースコープのネジとは、昔のライフル銃に使われていたネジです。
映画本編のブラスターにはない為、映画撮影後のリペアで、シリンダーカバーに穴があり、それの穴を塞ぐため同様の直径のものとして使われたのだと考えられます。これは接着されていました。

高木ブラVer.2では、前の方は再現を目指しています。後ろの穴はネジとしての再現は、材質の制約上難しいので、本来あるモールドの1つとして、穴だけは残してほしいと希望してます。

高木さん曰く、ガレージキットでは難しいが、もし金型を使ったABS製品であれば、フレーム内部に、薄いメタルの板をインサートしてネジを切ることも可能かもと考察されていました。
[PR]
by macky2019 | 2010-11-22 00:36 | リーサーチオブブラスター | Comments(5)



ブレラニアンまっき~がブレードランナーのこと書いて行きたいと思います。*コメントの画像はクリックすると大きく表示されます。
by macky2019
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by takas1961 at 11:27
牧野さん> ありがとう..
by macky2019 at 11:46
先程ブレラン友達からに~..
by ピエール須田 at 18:12
残念です。ご冥福をお祈り..
by 牧野 at 12:43
> kure46cmさん..
by macky2019 at 03:13
すみません初めてご連絡し..
by kure46cm at 14:25
カプリコンさん「男の仕事..
by macky2019 at 14:53
完成品をご紹介いただきあ..
by カプリコン at 05:50
ご紹介いただきました1/..
by カプリコン at 20:07
ZAKIさんありがとうご..
by macky2019 at 23:57
外部リンク
外部リンク2
以前の記事
画像一覧