カテゴリ:高木ブラスターVer.2( 6 )
Blaster読本03@高木亮介さん
エルフィンナイツプロジェクトのブラスターマイスターの高木亮介さんが
ワンダーフェスティバル 2016[夏]にてBlaster読本03を頒布される模様。
良ければお立ち寄り下さいとのこと。

卓番 8-03-06

※例によって成人ブースなので身分証明書がないと入れません。

e0198040_2254512.jpg

[PR]
by macky2019 | 2016-07-23 22:07 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(0)
高木ブラスターVer.2 豆ブログでレビュー
豆魚雷さんのブログで髙木式ブラスターのレビューがアップされました。
e0198040_13581010.jpg
メカデザイナーの神宮司訓之さんも交えてインタビュー形式で、髙木さんの考察やこだわりどころを紹介されていました。

豆blog / 豆ブログ:豆魚雷のフィギュアレビュー
[PR]
by macky2019 | 2014-04-20 13:59 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(7)
高木ブラスターVer.2 モデルガンに!!
e0198040_1175510.jpg

暫くぶりの更新です。

2009年4月28日にアメリカでヒーローブラスターを高木さんと見たときは、冗談でここまでしてせっかく作るならモデルガンになるといいよねなんて言っていたのですが…

その後、高木さんの精力的な活動があり、当初はガレージキットとしての開発だったのですが、モデルガンメーカーの協力を得てモデルガンとして製品化することになりました。

製品名 TAKAGI TYPE M2019 BLASTER 高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃

このブラスターは、ホント、個人である高木さんが自作をモデルガンにしたいという熱意の賜物だと思います。

自分も仕様案、資料提供等はさせていただいただきましたが、高木氏と設計士がメインとなって制作を行われております。現地取材、その他の資料を元に、これまでのブラスター製品で再現されて無い部分も色々盛り込んでいただきました。

難題は、ヒーローブラスターにあるパーツを無理やりの組み立ている状態のゆがみは工業製品として補正する必要があり、そこをどのようにするかが設計の際も議論を呼びました。また数値化が難しい部品の再現は、相当設計も難しかったようです。

まだテストショットの段階ですが、完成まであともう少しまでなので、楽しみにしていただければと思います。

高木さんが開設されたブラスターブログにて最新情報は随時発表されます。お楽しみに!!

Blaster情報局

その他情報は、販売メーカーのHPにもアップされます。

株式会社ミュール(CAWの別ブランドとのこと)
[PR]
by macky2019 | 2014-01-06 02:13 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(3)
ステイアーとブルドックの実銃をリサーチへ! 2
この取材の要、マクラウドさんの紹介で、銃の購入やシカゴでのヘルプをして頂いたのは、シカゴ在住でGUN誌でライターをされているToshiさんです。
e0198040_2362910.jpg
TOSHIさんによるブルドックの記事、写真もご本人によるものです。、銃のブルーイングの撮影は難しく、その再現のためとても拘って撮られていることが分かります。

ガン雑誌に疎い自分は、最初、お名前を聞いてもピンと来てなかったのですが、高木さんに頂いたブラスター制作の為のブルドックの記事を見返していたところ、『by Toshi』となっていて、もしかしたらと思って聞いたところ、ご本人だと分かり、おお~と思いました。しかも後々当プロジェクトの指南役グレネードの松本さん聞いたところ、凄いライターさんだとお聞きして、大変恐縮しつつも、、安心してお任せすることができました。

さて、シカゴに到着してToshiさんと対面。銃を受け取った感じは、両方とも驚くほど小さくて、表面は滑らかで、しかし鉄の塊のそれは、プラスチックのようなヤワさは微塵も無かったです。
e0198040_2204171.jpg
黒染めの金属サンプルとブルドック

ステイアーのレシーバーは、正直何色という表現ができないです。上面はガラスのように磨き上げられ、ブルーイングされた鉄そのものの表面が、シャープに光を反射していました。まさにこれこそ映画の劇中でギラッと光る制作当時のブラスターの表面だと確信しました。また下部の方はマット地で、一様に表面が処理されていないことがわかりました。
e0198040_22494122.jpg
残念ながらカッコイイ写真は撮れてないので、分解計測中の写真より

e0198040_22291026.jpg
ゾラの追跡シーンより。
こことセバスチャンのアパートにブラスターを構えながら入って行くところが、立体的に質感が分かりやすい。

渡航当日は、シカゴ空港の入管が行列で、予定から1時間以上遅れており、型を採るために完成状態の写真撮影はそこそこで、分解を始めました。

まずはステイアー。高木さんは、はじめての実銃分解だったのですが、ブラスターを隅々まで知っているだけあって、Toshiさんにアドバイスをいただきながらも、ほぼ一人で、各部をじっくり観察されながらもスムーズに作業を進めていました。途中、機関部をレシーバーに止めている二本のピンが細くて硬く、多少手こずりましたが、ほぼバラバラに分解しました。(首の長いピンポンチは曲がったので、首?が短く1φ以下のものが良いようです。)バレルの分解は、あらかじめガンスミスに依頼していただくも、特殊で出来ないということで、今回は見送りました。
e0198040_2232416.jpg
バレルが長いので、床で作業する高木さん

次は、ブルドックですが、こちらは非常に細かい部品があり、なくさないように慎重に進めながらも、ほとんど滞る事無く、分解できました。
e0198040_22145550.jpg
~都合により作業画像は後ほど載せる予定です~

因みにブルドックのグリップフレームは、空のアルミ缶1個程度の重さで、驚く程軽かったです。

つづく
[PR]
by macky2019 | 2011-09-23 22:18 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(0)
ステイアーとブルドックの実銃をリサーチへ!
e0198040_0543773.jpg
e0198040_1101093.jpg
2011年9月10日~14日に、エルフィンナイツプロジェクトの高木さんとアメリカへ実銃の取材に行ってきました。

高木ブラスターV2の遅れている理由が、ヒーローブラスターの取材後、制作の方向性や、高木さんの気持ちの変化などがあり、最終的には高木さんが自身のブラスター制作の集大成として、より良い物を作る為にもキャストより金型で作りたいと考えられていました。

しかし資本があれば直ぐにでも進められるのですが、残念ながら無いです。そこでメーカーに持ち込み企画としてプレゼンを行う為、モデルガン設計士も加わって頂き、ブラスターの金型図面を制作することになりました。そうなるとせっかくなので、実銃を取材することになりました。

とはいえ、国内で実銃は見れないので、まず考えたのがステイアーの無可動実銃です。某社が、ある国の自社工場に持ち込めばOKということだったので、ネットで現地の購入協力者と銃を探すも見つからずNGに。高木さんのツテで見る方法も半年待った結果NGに(汗)。これでは埒があかないと、昨年末ぐらいから当方で現地取材の方法を探っていたところに、昨年ブロークンヒーローズさんが、マクラウドDGさんの『びっくるくん』の為にシカゴにM61エスコートを型取りに行った話しを聞きつけました。エスコートの実物の型どり&採寸を敢行!

そこで現地のライターの方に相談していただいたところ、二つ返事でOKを頂き、半年かけて、ステイアーとブルドックを当方がネットで探したものを購入してもらったり、材料の調達など渡米の準備を進めていました。ここ最近、レーザースピナーの改造パーツが動いてなかったのは、これのせいもあります。

『びっくるくん』とはタクシードライバーに出てくる、銃を袖の中に仕込む仕掛けを、映像を元に解析され、素晴らしい再現をされています。すごいです。

続く~
[PR]
by macky2019 | 2011-09-16 01:22 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(4)
高木ブラスターVer.2 シリンダーまわり
Elfin Knights Projectの高木さんによる
高木ブラスターVer.2の製作中の部品です。
e0198040_1702180.jpg
e0198040_16584725.jpg

なおシリンダー内部が大きく切られているのは、ガントイとしての安全面を考慮したものであり、設計ミスではないことを付け加えておきます。

高木さんは、CADを使って基本部分の設計、手作業で加工をされているのですが、今回のエジェクターとシリンダーは、前回のM2019 Blast-Pistolから進化した結果、手作業で難しい内容になった為、初の3D出力となりました。
全パーツを3D出力で行うわけではありませんが、こういった技術も取り入れ、少しでもいいものを作りたいということです。

昨年の頭に、HPにて製作発表をされたのですが、本業の合間を見て製作されているため、ほぼ設計は完成しているにも関わらずかなりズレ込んだようです。何とか来年中には出したいと考えられているようです。

自分もリサーチ&検証担当として、一緒に作らせていただいてますが、これまでのブラスターでは再現されていない部分も新しい資料を元に再現予定ですので、ブラスターファンの方は、気長にお待ちいただけばと思います。
[PR]
by macky2019 | 2010-12-11 17:12 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(2)



ブレラニアンまっき~がブレードランナーのこと書いて行きたいと思います。*コメントの画像はクリックすると大きく表示されます。
by macky2019
カテゴリ
全体
MAGONOTE PRODUCTS
ブラスター
スピナー
レーザースピナー
記事
HP紹介
リーサーチオブブラスター
高木ブラスターVer.2
ブレラン関連アイテム
ファンメイド
メトロカブ
セダン
アーカイブ
その他
キャスト&スタッフ
未分類
タグ
記事ランキング
最新のコメント
藤浪 恒 Ԃ..
by フジナミ ヒサシ at 10:03
カプリコンさん>写真は途..
by macky2019 at 01:05
ご紹介いただきありがとう..
by カプリコン at 18:59
See you then..
by viagra 100 at 15:18
ありがとうございます。ボ..
by macky2019 at 09:48
お互い無理は禁物。より良..
by 牧野 at 13:03
たなかさま クリッパー..
by macky2019 at 15:48
とんぼさん>亜鉛製レシー..
by macky2019 at 18:39
高木型弐〇壱九年式爆砕拳..
by とんぼ at 15:55
私も違和感を感じます。 
by 南の狐 at 19:21
外部リンク
外部リンク2
以前の記事
画像一覧