タグ:ブレードランナー ( 119 ) タグの人気記事
ジーン・ウィンフィールド氏に会ってきました。
e0198040_23491939.jpg
伝説のカービルダーで、ブレードランナーに出てきたスピナーなど車両の全てを手がけたジーン・ウィンフィールド氏にお会いしました。

ブレードランナーに関わったスタッフで、さらにメインどころの方に会えるとは思ってもみませんでした。
当方のスピナー用デカールを差し上げたところ、感心していただいたので良かったです。
サインはいただいたのですが、握手するのを忘れてしまったのが残念でしたが、ファン冥利につきる時間でした。暫くこれでテンション上げて色々進められそうです。
[PR]
by macky2019 | 2011-12-04 23:58 | 記事 | Comments(3)
フジミ 1/24 スピナー向デカールセット スピナー編
説明書はまだですが、貼り付け方サンプルです。*紙シールの水色は、デカールでは透明になる部分です。

e0198040_2336831.jpg
1/4 ヒーロースピナー版(これまでの制作したポリス用とはシマの密度、禁止進入・永径堂などが少し違う)

さらに続きます。
[PR]
by macky2019 | 2011-11-28 00:00 | MAGONOTE PRODUCTS | Comments(2)
スピナーデカール 暫定領分開始
MOGONOTE PRODUCTS No.9
フジミ 1/24 スピナー向デカールセット
e0198040_22552460.jpg
スピナーのマーキングを、映画、スチール、資料を丹念にリサーチして制作しました。幾つかあるプロップを再現できるようにしてあります。
e0198040_230497.jpg
印刷は、高品質のシルクスクリーン印刷で、プラモデルメーカーのデカールも手掛けられる国内の印刷所によるものです。10円玉と比べて、細かい部分も再現されているのがわかるかと思います。

内容
・実車 走行スピナーA版
・1/4 ヒーロースピナー版
車両ナンバーは、44は二台分、41.52は、各1台分が含まれます
*41は最近のメイキング映像で発見。モデルでは初再現だと思います。

レーザースピナー版
ほとんど劇中ではわからないのですが、詳細なプロップ写真が入手できたので、それを元にしました。
二種類あり、コンパチで、どちらか一台再現できます。

画稿版
イラストに書かれたマーキングを解読しました。資料と解読には、ニーゼキさん、フィルさんにヘルプして頂きました。

製品構成
デカール 1シート+44番のみのシート1枚、説明書
領分価格 3200円
日本製

MOGONOTE PRODUCTS No.10
メディコム スピナー向デカールセット
以前ブロークンさんのトランスキットに付属していたデカールをシルクスクリーン印刷で、リメイク&バージョンアップをしました。
e0198040_22573094.jpg
内容
・実車ポリススピナー版
・ヒーロースピナー
向け二台分
*車両ナンバーは、各種類1台分が含まれます。
e0198040_232213.jpg
禁止進入、永径堂の部分もよりらしくなりました。

製品構成
デカール 1シート、説明書
領分価格
2800円
日本製
*こちらはフジミ版より少量しか作っていません。

世界初発見?永径堂についてはニーゼキさんのブログで記事になっています。

------------------------------------------------------------------------------------------

領分方法
通販になります。コメント欄に非公開で、メールアドレスとお名前、発送先をお知らせください。折り返し入金先などお返事いたします。よろしくお願いいたします。振込先は新生銀行。発送はレターパック350か、ゆうぱっくです。

「ご注意」
実は、まだ貼り付け見本、説明書などが出来ていませんので、暫定の販売開始です。購入いただいた方には、どの組み合わせで作れば良いかと、貼り付け見本画像を仮で提供します。説明書などは完成次第の送付になります。

デカール制作途中の画像
[PR]
by macky2019 | 2011-11-23 23:06 | MAGONOTE PRODUCTS
カッコイイフィギュア
e0198040_1274739.jpg
クリスタルボーイさんのブログで、たまたまその存在を知って、形のまとめ方のツボにはまり、一目ぼれして入手しました。直ぐに組み立てた状態がみたくて、とりあえず仮組しました。

つづく
[PR]
by macky2019 | 2011-11-20 01:59 | 記事 | Comments(1)
フジミ スピナー デカール制作中&仮組み
まだ紙シールですが進行中です。(汗、今回も色々考えてます。
e0198040_117356.jpg
キャラホビで見たショットで、懸念された天窓のクリアー化と、ステーの位置変更は、要望の通り修正がされました。この2箇所が修正されただけでもグっと良くなったと思います。
e0198040_1174935.jpg
右ステーの前向きの四角のパトライトが、本来3個のところ2個しかついてませんが、キットには余分にパーツがついているので、ステーに穴を空ければ足せます。ただしライトの色が足りないので、で、オレンジと透明のランナーが欲しかったところです。(というより本体が白なんだったら、クリアーも全部透明でも良かったなあと思います(汗)
e0198040_11831.jpg
下部のライトも見事に再現されています。ただし後部の方の赤青ライトが噴射工の後ろになっていますが、本来は前です。パーツの透明ランナーを切って前と後ろの回転灯を付け足すとさらに良くなると思います。
e0198040_1181268.jpg

[PR]
by macky2019 | 2011-11-12 11:34 | 記事 | Comments(2)
ステイアーとブルドックの実銃をリサーチへ! 2
この取材の要、マクラウドさんの紹介で、銃の購入やシカゴでのヘルプをして頂いたのは、シカゴ在住でGUN誌でライターをされているToshiさんです。
e0198040_2362910.jpg
TOSHIさんによるブルドックの記事、写真もご本人によるものです。、銃のブルーイングの撮影は難しく、その再現のためとても拘って撮られていることが分かります。

ガン雑誌に疎い自分は、最初、お名前を聞いてもピンと来てなかったのですが、高木さんに頂いたブラスター制作の為のブルドックの記事を見返していたところ、『by Toshi』となっていて、もしかしたらと思って聞いたところ、ご本人だと分かり、おお~と思いました。しかも後々当プロジェクトの指南役グレネードの松本さん聞いたところ、凄いライターさんだとお聞きして、大変恐縮しつつも、、安心してお任せすることができました。

さて、シカゴに到着してToshiさんと対面。銃を受け取った感じは、両方とも驚くほど小さくて、表面は滑らかで、しかし鉄の塊のそれは、プラスチックのようなヤワさは微塵も無かったです。
e0198040_2204171.jpg
黒染めの金属サンプルとブルドック

ステイアーのレシーバーは、正直何色という表現ができないです。上面はガラスのように磨き上げられ、ブルーイングされた鉄そのものの表面が、シャープに光を反射していました。まさにこれこそ映画の劇中でギラッと光る制作当時のブラスターの表面だと確信しました。また下部の方はマット地で、一様に表面が処理されていないことがわかりました。
e0198040_22494122.jpg
残念ながらカッコイイ写真は撮れてないので、分解計測中の写真より

e0198040_22291026.jpg
ゾラの追跡シーンより。
こことセバスチャンのアパートにブラスターを構えながら入って行くところが、立体的に質感が分かりやすい。

渡航当日は、シカゴ空港の入管が行列で、予定から1時間以上遅れており、型を採るために完成状態の写真撮影はそこそこで、分解を始めました。

まずはステイアー。高木さんは、はじめての実銃分解だったのですが、ブラスターを隅々まで知っているだけあって、Toshiさんにアドバイスをいただきながらも、ほぼ一人で、各部をじっくり観察されながらもスムーズに作業を進めていました。途中、機関部をレシーバーに止めている二本のピンが細くて硬く、多少手こずりましたが、ほぼバラバラに分解しました。(首の長いピンポンチは曲がったので、首?が短く1φ以下のものが良いようです。)バレルの分解は、あらかじめガンスミスに依頼していただくも、特殊で出来ないということで、今回は見送りました。
e0198040_2232416.jpg
バレルが長いので、床で作業する高木さん

次は、ブルドックですが、こちらは非常に細かい部品があり、なくさないように慎重に進めながらも、ほとんど滞る事無く、分解できました。
e0198040_22145550.jpg
~都合により作業画像は後ほど載せる予定です~

因みにブルドックのグリップフレームは、空のアルミ缶1個程度の重さで、驚く程軽かったです。

つづく
[PR]
by macky2019 | 2011-09-23 22:18 | 高木ブラスターVer.2 | Comments(0)
ヒーローブラスターカスタムパーツ & ポリスブラスタートランスパーツセット 詳細
MOGONOTE PRODUCTS No.7
ヒーローブラスターカスタムパーツ & ポリスブラスタートランスパーツセット

実際のプロップを取材した資料を元に、留之助ブラスターPROを、ヒーローブラスターに似せる為のパーツと、一般警察官のブラスターに変更するパーツのセットです。またオリジナルの入手が難しいビンディングネジ、ウィーバーノブはプロップに使われたものと同型の製品から複製しました。
e0198040_19324255.jpg
e0198040_19334585.jpg

e0198040_1941146.jpg

e0198040_19341544.jpg

e0198040_19363890.jpg
製品内容

ヒーローブラスターカスタムパーツ
キャスト製
・右シリンダーカバー
・左シリンダーカバー
ホワイトメタル製
・トリガーガード
・ステイアーセフティ
・ビンディングノブ
・ウィーバーノブ

ポリスブラスタートランスキット
キャスト製
・グリップエンド
・マガジン(LED取り付けモールドなし版)

ネジ
ヒーローマイナスネジ 1個
トリガーガード用  2個 
レーザーサイト用  2個
ステイアーセフティ用 1個
マガジンハウス用   2個

交換用六角レンチ 1セット

・パーツインストールガイド
・リサーチ オブ ブラスター 番外編

さらにブログでの申し込み特典として
今回特注した留プロ用のヒーローフロントスペーサーをお付けさせていただいています。付属品とはわずかな違いですが、サイズや見た目などをヒーローブラスターに似せて制作いたしました。オークションで落札した場合は含まれませんのでご注意ください!

*ガレージキットですので、加工にはそれなりの技術が必要です。
 また完成品も製品の特性上、調整が必要な場合がありますので、 ご理解の上、ご購入ください。苦手な方には2000円で組み込みいたします。

複製は、エルフィンナイツの高木さんオススメの専門業者によるものです。

キット版(ネジ穴、貫通穴は加工済み)13800円+送料
完成版  17800円+送料
送料は都合によりゆうぱっく着払いです。

振込み 新生銀行のみ

*在庫が切れた場合はこちらでお知らせしますので、
 記載が無ければ在庫ありますので、お気軽にお問い合わせください。


ご希望の方は、コメント欄に非公開で、メールアドレスとお名前、発送先をお知らせください。折り返し入金先などお返事いたします。よろしくお願いいたします。

製品の比較画像などは、ここを押すと見れます。
[PR]
by macky2019 | 2011-07-10 19:48 | MAGONOTE PRODUCTS | Comments(18)
レーザースピナートランスキット 進捗① 外装
レーザースピナーのプロップの詳細な写真を、お持ちの方からお借りできたので、
それを元にメディコムスピナー用のトランスキットの制作を進めています。
*ダグラストランブルのサイトにある写真とは別物。

原型は、Elfin Knights Projectの高木さんです。
*以前からお願いしていたものを、高木ブラV2が資料の待ちの為、これを合間で進めていただきました。

夏のワンフェスには抜きが間に合わないので、おそらく展示のみだと思います。
詳細な情報は、また追ってお知らせしたいと思います。

高木さんから来た、途中経過の写真です。
e0198040_1194236.jpg

e0198040_1194988.jpg
e0198040_1195599.jpg

[PR]
by macky2019 | 2011-06-17 11:12 | レーザースピナー | Comments(7)
Broken Heros スピナー用内装キット レビュー
少し前に紹介したブルーレイ同梱版スピナー用内装キットがBrokenHerosさんより届きました。
e0198040_14281181.jpg
今回は、お手軽に行きたいのと、Broken Herosさんからは、塗装はせずに取り付けてみてくださいとオススメされたので、両面テープ止めるための、洗浄、バリ取り、一部の接着のみで進めてみます。

e0198040_14343144.jpg
早速、スピナーに取り付ける準備をします。組立てはほとんどありませんが、ハンドルは、接着のみだとすぐに取れそうなので、2mm真鍮を通しました。今は手持ちが無かったのでスルーしたのですが、シートのヘッドレストの取り付けには1~1.5mm線を通しておいた方が良いと思います。

e0198040_14372679.jpg
シートは、入れずらいのですが、ヘッドレストの方からすくうように入れると上手く入りました。

つづく
[PR]
by macky2019 | 2011-05-22 15:30 | ファンメイド | Comments(0)
リサーチ オブ ブラスター #0 ブラスターとは
重箱の隅をつつくようなコアな情報を発信しようとしているのですが、ふとその話の元になるブラスターの基本情報が日本語で見当たらない事に気がつきました。ここで少し話しを戻して、それらをまとめたいと思います。

映画に使われた、デッカードブラスター(通称ヒーローブラスター)は、現在判明している所では、主に2つの銃と、その他の流用部品から作られています。

ポール・M.サモン氏のメイキング・オブ・ブレードランナー(MOBR)によると、制作者はテリー・ルイス氏、実制作はメキシコ人の職人が行ったということです。

e0198040_14494243.jpg

流用箇所
緑-Charter Arms Bulldog .44 Special
赤-Steyr Model SL Rifle .222 Remington
橙-S&Wのリボルバーから
青-TG-5-Bの端子ネジ
これら以外は、ブラスターの為に作られたパーツです。。ただしまだ発見されていないだけで、流用パーツである可能性は、捨て切れません。特にトリガーガードは、推測される材質から、一点物でも制作するのは、難しい形状の為、何かしらの流用パーツではないかと疑っています。

e0198040_14532855.jpg

Bulldogの展開図
銃として幾つかバリエーションがあり、PIHで出品されたブラスターに、余った部品も添付されていかことから44Specialと判明しました。ただし同じ名前でシュラウド付のものは新しい製品です。

e0198040_1455349.jpg

Model SL Rifle .222の展開図と使用された部品
金属部品を大胆に加工して銃としても機構を完全にオミットして使用されており、おそらく素人では難しい加工がされています。

部品の内部構造等の写真は、下記のサイトで見られます。
RACprops
Peko's Gun Box

e0198040_15263926.jpg
フロントトリガーは、S&Wの38口径のリボルバーより流用されています。

e0198040_1514437.jpg

右カバーのネジは、古い通信機(TG-5-B)の端子ネジが使われています。
またTG-5-Bだけでなく、同時期の通信機にも使われていることが確認されています。
e0198040_1533599.jpg
ヒーローブラスターと端子ネジ
このネジは、本物と比較して全く同じものであることが確認できました。同じ製品で多少形状の違うように見えるものは、古い工業製品の為、バラつきによるものだと考えられます。またヒーローブラスターのネジの頭部の金色の色違いの部分は、溝や深くやすられた跡と見られていますが、実際は金色の塗料の付着でした。
e0198040_1551735.jpg
ちなみに端子ネジはこんな感じに伸縮します。
e0198040_15142047.jpg
なおワーコンでの再発見から付いていた、ウィーバーノブと呼ばれてるネジは、映画、撮影中のスチールの何れにも写っていないので、純粋な部品ではないと考えられます。

なお現在のヒーローブラスターブームの立役者といえるKarl Tate氏によるワーコンでのブラスター画像は、こちらのプロップサミットのリンクより入手可能です。
[PR]
by macky2019 | 2010-12-12 15:37 | リーサーチオブブラスター | Comments(1)



ブレラニアンまっき~がブレードランナーのこと書いて行きたいと思います。*コメントの画像はクリックすると大きく表示されます。
by macky2019
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by takas1961 at 11:27
牧野さん> ありがとう..
by macky2019 at 11:46
先程ブレラン友達からに~..
by ピエール須田 at 18:12
残念です。ご冥福をお祈り..
by 牧野 at 12:43
> kure46cmさん..
by macky2019 at 03:13
すみません初めてご連絡し..
by kure46cm at 14:25
カプリコンさん「男の仕事..
by macky2019 at 14:53
完成品をご紹介いただきあ..
by カプリコン at 05:50
ご紹介いただきました1/..
by カプリコン at 20:07
ZAKIさんありがとうご..
by macky2019 at 23:57
外部リンク
外部リンク2
以前の記事
画像一覧